consult with doctor

手法の種類

complex women

中絶手術を行うなら、大きく分けて二種類の方法があります。それぞれの方法についてよく知っていけば、早めに行動するほうが良いということが自ずとわかってくるはずです。適用期間と詳細を知り、決断に役立てたいところです。

Read More

中絶と麻酔

complex women

人工妊娠中絶手術の内容についてはインターネットの発達で以前より、情報が入手しやすくなりました。しかし利用される麻酔についてはまだ十分な情報があるとはいえません。

Read More

気になる問題点

complex women

中絶手術を受けると決断するにしても、さまざまな疑問が生まれるのは当然です。一般的にいわれる方法以外の方法がないのか、かかる費用はいくらぐらいなのか、そういった細かなことまで知るのも決断の重要要素です。

Read More

問題の解決方法

流産と関係している

complex women

中絶手術についての一般的な認識としては、望まない妊娠に対する施術だという人が少なくないはずです。ですが、実際にはそればかりでばなく、流産とも関係しているということも中絶手術について知っておきたいところです。
妊娠したら、元気な赤ちゃんが生まれてくると思い込んでいる人はたくさんいます。医学的にはすべての妊娠の中の8%から15%が流産になり中絶手術をしなければならないと言われてるのです。また2%から3%が実は死産なのです。そもそも受精段階から考えるなら、妊娠反応が出るまで受精卵が育つのは、5回から10回のうちたった1回なのです。しかも一昔前までは、たとえ産声を上げてもお宮参りの前になくなる赤ちゃんはたくさんいたものです。
そのように考えると、赤ちゃんをおなかに宿し、無事にお産に至り、子供が大きく成長することは奇跡のように感じられます。産婦人科医療の発達に伴って、多くの赤ちゃんを救命措置ができるようになりました。それでも天国に帰っていく赤ちゃんは必ず存在します。

現代医療の限界

特に、妊娠初期の流産については現代医療でも食い止める事はほとんど不可能です。妊娠の喜びも束の間、赤ちゃんが天国に行ってしまったお母さんはどれほど辛いことでしょう。
赤ちゃんを抱くことを楽しみにしていたお母さんだからこそ、その悲しみや喪失感には想像を絶する深いものがあります。他の妊婦さんを見かけたり元気な赤ちゃんを出産した友人の報告を聞いたりすると心が乱れることもあるでしょう。
新米の産婦人科医の中には流産による中絶手術の後、診察室で涙するお母さんも前に言葉を失ってしまうようなこともよくあることです。悲嘆にくれているお母さんに対して「実は流産はよくあることなんです」などと言っても何の慰めにもなりません。
初期の流産は赤ちゃんの染色体異常がほとんどです」と説明したところで「でもどうして他の誰でもない、この私が流産してしまったの? 」という根本的な疑問への答えにはならず、とても納得はできないでしょう。それはお母さんは「医学的原因」が知りたいわけではなく、 「赤ちゃんの死の意味」を知りたいからなのです。でもその答えはじつはお母さんは既に持っているのです。赤ちゃんの死の意味は赤ちゃん自身は知っていて、お母さんはそれを赤ちゃんに教えてもらえるはずなのです。お腹の赤ちゃんが流産と中絶手術によって亡くなるとお母さんは直感的に赤ちゃんとお話をします。
今の気持ちを赤ちゃんに尋ねるとほとんどの赤ちゃんが「嬉しいよ」 「幸せだよ」と言うと言われています。赤ちゃんはお母さんのお腹の中に宿ることができたこと、ただそれだけでそして赤ちゃんとこんな会話をすると言われています。
「向こうの世界に帰るってあなたが決めたの? 」「うん」「お母さんはとても悲しいのよ。でも迷わないでちゃんと天国に帰ってね」「うん、わかった」こういう事を受け入れることのできるお母さんは幾分慰められ笑顔が戻ることができます。流産と中絶手術というものはこういうことなのです。つまり命とのお別れなのです。こういうところをないがしろにして中絶手術を考えてはいけないといえます。
特に望まない妊娠などの場合による中絶手術の場合でも、女性はこのような立場に陥ってしまう可能性があることを男性側はもっと理解をすべきで、妊娠がわかった時に中絶手術を考えた時には目を向けたいことだと断言できます。

Top